\񂨖₢킹@info@osteopathyworks.tokyo

profile

佐藤 行央(SATO OSTEOPATHY ROOM)

佐藤行央
MRO(J)*保有オステオパス
AJOA(全日本オステオパシー協会)会員
AAO(American Academy of Osteopathy)会員
JCO(ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー)卒業
Dr.森田博也、D.O.が学長当時に卒業

■翻訳
「ウエストバージニア・オステオパシー医科大学のOMTポケットマニュアル」を翻訳
「臨床におけるオステオパシーの原則」を翻訳
2009年7月 AJOA主催「Still Technique」セミナー資料を翻訳
2010年9月 JOF主催「Ligamentous Articular Strain」セミナー資料を翻訳
2011年9月 JOF主催「Facilitated Positional Release」セミナー資料を翻訳
その他翻訳資料多数あり

松村 暁   (daybreak osteopathy & yoga)

km-0044

MRO(J)*保有オステオパス
JOA(日本オステオパシー学会)会員
JCO(ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー) 卒業
WVSOM(ウェストヴァージニア・オステオパシー医科大学)解剖研修
yoga daybreak 主宰
YOGAの練習過程でオステオパシーに出会いJCOにて三年間の学習。
YOGAとオステオパシー哲学を活かし、心身ともに健康な身体に導くお手伝いをさせて頂けたらと考えております。

 

 野上  美恵

1540565229112

MRO(J)*保有オステオパス
JOA(日本オステオパシー学会)会員
JCO(ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー)  卒業
WVSOM(ウェストヴァージニア・オステオパシー医科大学)解剖研修
~社会人として働いた後、オステオパシーを学ぶためJCOに入学。長時間のデスクワーク・立ち仕事も経験しているので、働く女性の身体の悩みは身をもって経験しています。毎日、元気に働くためにも身体の不快感をそのままにせず、自然治癒力の高い身体にしていきましょう~

 

 

 

 

 

*MRO(J)とは:Member of the Register of Osteopaths(Japan)の略
世界各国で使用されている認定オステオパスの基準です。
オステオパシーの治療は、通常の医学知識に加え、指先の鋭敏な感覚を要求されます。
その世界基準を満たすための試験に合格した者のみがMRO(J)と呼ばれます。
国内的にはオステオパシーが制度化されていない現在にあって、JOF(日本オステオパシー連合)が、オステオパスの一定以上の水準を証明する唯一の資格です。年間40時間のセミナー受講が義務づけられており、安心して施術を受けられます。